会社案内

会社概要

COMPANY PROFILE

商号 有限会社ウィルウェイ
会社設立 1995年8月1日
資本金 3,000,000円
代表取締役 金村秀一
事業内容 ●飲食店舗『日鶏〆(ひとりじめ)』の経営
●コンサルタントサポート業務●飲食店舗運営受託経営
●飲食経営者の経営塾『100年塾』の運営
本社所在地 〒110-0005 東京都台東区上野7-8-20 晴花ビル8F
TEL 03-6802-7700
FAX 03-3841-2722
地図
大きな地図で見る

メディア情報

社員29人以下の会社を強くする50の習慣

Forth

media03.png

中小企業の社長である著者が、武蔵野の小山さんをはじめ成功している中小企業の社長から教えてもらい、実践しつづけている50の習慣を紹介。

1,620円・明日香出版
2015年11月11日発売
ISBN-10: 4756918026
ISBN-13: 978-4756918024

amazon.png


小さな会社の経営資源はどこも、似たり寄ったりです。

それなのに、小さくて弱い会社があれば、小さくても強い会社も存在します。

その違いは「良い習慣を整えること」。

 

「良い習慣を整えることは、小さな会社を強くする唯一の方法」

 

少し大げさな言い方かもしれませんが、

良い習慣を実践し続けることで、著者の会社は劇的に業績が良くなりました。

それだけではなく、その習慣を他の会社に紹介し、実践してもらうといい結果が出たのです。

 

本書にまとめているのは、誰にでもすぐにまねができる習慣ばかり。

読んだ次の日から実行できます。

会社の発展、改善、回復を考えている社長に必携の書。

成功し続ける人になる仕事の極意

Third

media03.png

『赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノート』『部下には「あいさつ」だけ教えなさい』の著者、最新刊!人気中小企業経営セミナー塾の塾長が教える小さくても生き残る組織を作るリーダー術。

1,620円・239ページ・宝島社
2015年2月23日発売
ISBN-10: 4800231566
ISBN-13: 978-4800231567

amazon.png


成功することは、誰にでもできる。難しいのは、「成功し続けること」です。

過去の成功体験の呪縛から逃れられない……

周囲からのプレッシャーに負けてしまいそう……

組織を守るためにも失敗できない……

この本では、そんなリーダー達の悩みを解決すべく、何百人ものリーダー達を見てきた著者が、

「成功し続けるための思考術」をレクチャーします。

著者は、中小零細企業のリーダーをターゲットにした経営セミナーを開催している金村秀一。

小規模な組織を動かすリーダー術のスペシャリストであり、

自身も盛衰の激しい外食産業で20年間にわたり事業を拡大し続けています。

部下には「あいさつ」だけ教えなさい

Second

media02.jpg

商談より社内清掃を優先させる、入社3年目以上の部下には上司の鞄持ちをさせる、部下のプライベートにはためらいなく入りこめ…明日から使える具体的なテクニックが満載!

1,404円・167ページ・廣済堂出版
2014年6月25日発売
ISBN-10: 4331518507
ISBN-13: 978-4331518502

amazon.png


どんなに問題児部下でも、みるみる人が変わっていく! やる気がない、我慢ができない、常識がない……
そんな部下が、遅刻無しになって誰よりも頑張る人間に劇的に変わる。
優秀な社員をほとんど採用できないといわれる飲食店業界で「人を育てることの難しさ」を見事に解決したという体験から編み出した、スゴイ! 教育術。

赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノート

First

media01.jpg

「ダメ社員」だけで部署をつくっても売上は復活する。「同期だけの飲み会は禁止」「売上よりシェアを重視」など、これからのリーダーが知っておくべき経営と人間心理の鉄則。あなたの指示をすぐやる部下の育て方、公開!

1,620円・255ページ・中経出版
2013年6月26日発売
ISBN-10: 4046000430
ISBN-13: 978-4046000439

amazon.png


「優秀な社員」が入ってくるのは、もう、あきらめよう
今いる戦力でどう戦うか、その具体策が本書です。
一般的に「人材難業種」「不況業種」といわれる外食産業。
「そんなところで働かせるために大学まで行かせたんじゃない! 」
といった親の一言による内定辞退も日常茶飯事だといいます。

著者の金村氏も「よい人材が悲しいぐらい入ってこない」と話す
この業界で、しかし、著者の会社は「20%」という圧倒的な営業利益を挙げ、今も過去最高益を更新し続けているのです。

著者が「私を筆頭に、出来の悪い人材ぞろいだった」と認める
環境の中、悪戦苦闘しながらも、どうやって社員の意識を変え、
風土を一新して、高い利益を挙げられたのか。
その秘密がこの一冊に詰まっています。
・仕事ができても方針に従わない社員は評価するな
・コミュニケーションは「時間」ではなく「回数」
・年収を超える数字は社員には理解できない
・改善したい部分は必ず数字で計れ
・入社後間もない同期だけの飲み会は禁止
など、人材育成に悩むすべての業種のリーダーが知っておきたい
「人を育て、経営を飛躍させるための実践的ノウハウ」を書籍初公開します!

アーカイブ

©2012-2016 will-way