100年塾の強み

成功し続ける社長のための経営塾「100年塾」の強みとは?

ウィルウェイグループ代表・金村秀一は、個に頼らない成功し続ける強かな社風による経営スタイルを学び実践し、リーマンショックの煽りを受け、倒産寸前だった業績を3年で過去最高益までV字回復させました。
この再現性が高く、50年以上も引き継がれてきた強かな経営手法を、社員数30人未満の小さな会社経営者向けに提供しており、様々な業種で「業績があがった!」「社員が変わった!」と喜びの声をいただいています。

100年塾が選ばれる3つのポイント

・現役経営者が塾長!

経営コンサルタントと違い、100年塾の塾長金村は、20年以上実業を行ってきています。今でこそ、営業利益20%や毎年最高益更新していますが、20年の間には、全店舗撤退などたくさんの失敗をしてきています。失敗を繰り返す中で見つけた成功し続ける経営手法を100年塾では出し惜しみなくお伝えしています。

・会社・組織が変わる!

100年塾に参加した社長の皆さんには結果を出してもらいます。経営者であれば、簡単に組織が変わらないとご存知でしょう。
しかし、それは同じ考え方で経営を繰り返しているからです。塾長金村は、経営の考え方を180度あらためて倒産寸前の会社を過去最高益にしました。100年塾では、その考え方を改める具体的方法がわかります。

・社長仲間が出来る!

社長一人で悩んでいる…相談できる人がいない…そもそも経営の勉強をしたことがない…100年塾に参加される経営者の皆さんは似たような悩みを抱えています。同じ環境の社長仲間が多くいると、客観的に自社の経営を見ることができます。また100年塾では、意図的に塾生同士が交流できるようなスケジュールを組んでいます。

100年塾で得られるもの

経営の舵取りとなる「経営計画手帳」、長期的な計画が立てられる「経営の達人ソフト」、他にも「環境整備の考え方」「パイプライン集客」「マトリックス会計」など、100年塾で得られるものは、あげれば切りがありません。
これらは、確かに経営にはなくてはならないものです。しかし、あくまでツールですので、このツールを社長が会社で使いこなさないことには、意味がありません。 あなたがこれらのツールを使い、会社をより良くしていくのを根気強くサポートするのが100年塾の役割であり、作り上げられた強い組織が100年塾で得られる最も大きな成果物です。



©2012-2016 will-way